専用チップを用いた歯面研磨(PMTC)と予防歯科

PMTC=プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略語で、歯科医師、または歯科衛生士による特殊な機器を使用した歯のクリーニングのことです。

歯にはバイオフィルムが付着しています。これは容易に取り除くことができません。
殺菌剤でもあまり効果を期待できないほど。
これを器械的に除去する方法がPMTCなんです。

日々のプラークコントロールとPMTCにより歯周病(バイオフィルム感染症)をほぼコントロールすることができます。若い時からPMTCを定期的に受けることにより、生涯自分の歯で噛むことができます。

PMTCを定期的に受けることは、美容院やエステに行くことと変わりません。

・歯周病、むし歯予防効果
・PMTC
・フッ素コーティング
・フッ素の効果

【1】歯の再石灰化

食べ物が入るとお口の中は酸性に変化します。酸によって一度溶けてしまったエナメル質を再び元に戻す働きがあります。

【2】エナメル質の強化

エナメル質の結晶構造へ変化をもたらし、酸に溶けにくい強い歯をつくります。

【3】むし歯菌の活動を抑える

菌の活動を抑え、酸(むし歯の元になる)の産生を低下させます。

【4】ステイン(着色)の予防

定期的に塗布していくことで、ステインの付着を防ぎます。

・歯の強化、むし歯予防効果
・3DS(Dental Drug Delivery System)

むし歯や歯周病(の病原菌)を化学的に除菌する治療法である3DS(Dental Drug Delivery System(デンタルドラッグデリバリーシステム)の略)はむし歯や歯周病にすぐれた予防効果を持ち、歯周病の原因菌を除去することで口臭予防に大きな効果があると言われています。

・歯型に合わせたマウスピースを作製します。
・むし歯菌や歯周病菌を除去するための抗菌剤をマウスピースに入れ、5~10
分程度装着します。これにより徹底的に除菌されます。
・ 予防効果は4~6ヵ月持続。3DSを行ったあとも歯磨きは
通常通り続けて下さい。むし歯菌の少ない状態が長期間持続されます。

口臭、歯周病予防効果

歯肉マッサージ

歯周病が進行している方、喫煙をされている方にお勧めなのが歯肉マッサージです。歯周病の方や喫煙されている方は、そうでない人の歯肉と比較すると血行が良くないと言えます。
歯肉の血行が悪いと歯肉が弱り、その結果歯周病が悪化しやすくなります。
マッサージをする事により血行が改善され、歯肉全体に栄養が行き届きます。

更に歯肉の細菌に対する抵抗力が増加します。
上下の歯肉を奥の歯肉からくるくるとマッサージしていきくのが歯肉マッサージです。
適度な圧力で血行促進をし、全体的に代謝を促します。

歯肉の血行促進による歯周病予防効果
ミネラルパック

リンとカルシウム(歯の主成分)で歯をパックすることで失われたミネラルを補給します。お口の中は、脱灰と再石灰化を交互に繰り返しています。
初期むし歯を防ぐ為、再石灰化に必要な物質はミネラルです。唾液の中に含まれているミネラルで再石灰化は行われていますが、さらに歯を強く強くするためにミネラルパックをおすすめします。
ミネラルパックは、5種類の味があり、クリニックでもご自宅でも使用できます。成分は牛乳でできているので、お子様のむし歯予防にもおすすめです。

歯のおもてに引っ付いた歯石や歯垢等を除去することを歯科ではクリーニングと呼びますが、先ほどの歯垢と歯石などは実は虫歯の理由とされています。
現代では医療技術の開発が発達し、驚くことに針の無い無針注射器や各種レーザー治療器を利用することにより、痛みを一際抑える事のできる「無痛治療」という手段が存在します。
診療用の機材という物のハードの側面において、いまの高齢化社会から切望される歯科の訪問診療の仕事を遂行することが可能なラインに到達していると言うことができます。
あなたもご存知の通り口のなかの唾液は酸味の強そうな物や、おいしそうに見えるものを見ただけで出てくるものですが、以外なことにムシ歯や歯茎の歯周病を防ぐのに有効なのがこの唾なのです。
口臭の有無を一緒に暮らす家族にさえきくことができない人は大変多いことでしょう。そんな場合は、口臭外来を訪れて口臭の専門施術を受けてみる事をお奨めします。


上下の歯の噛み合わせの異常のなかでもことさら前歯が何度もぶつかる場合だと、噛む度に衝撃が上の顎骨の前の方や鼻骨にダイレクトに加わります。
下部に比べて上部の親知らずは麻酔の作用が有効である歯を抜く時も痛みに感じるといった実例が少なく、痛さを感じやすい方だとしても、手術は比較的容易に遂行できます。
良く知られているように口腔内の唾液はいかにも酸っぱそうな物や、おいしそうに見えるものを目の前に置かれただけで出てきますが、虫歯や歯茎の歯周病を阻止するのに作用するのが前述した唾液です。
虫歯の元はミュータンス菌と呼ばれる元凶の菌による感染によるものです。口の中にムシ歯菌が移ってしまったら、それをきれいに除去するのは思ったよりも困難です。
例えば噛み合わせのなかでも特に前歯がよく当たるような状態では、噛みあわせる毎に力が上の顎骨の前や鼻の骨にダイレクトに集まってきます。


上の親知らずは下と比較して麻酔の有効性が強くなるため歯を抜くときにも鈍痛が伴うという場合が少なく痛みを感じやすい方だとしても、手術は比較的容易に行うことが可能です。
歯科衛生士による在宅での医療で欠かせないのは、始めに口のなかをきっちりと清掃することです。口腔内が汚れたままだと、菌が増殖した不衛生な歯のカスを飲み下す可能性があります。
仮歯を付けたならば、容姿が不自然ではなくて食事や会話などの日常生活においても悩むことがありません。その上仮歯があるために、まだ治療の終わっていない歯が傷んだり歯列が動いてしまったりする事がありません。
とある研究の結果、顎の関節がおかしいという自覚症状がなかった人でも、3~4割もの人がご飯を食べたりする時点でこういった感じの異音が鳴るのを分かっていたそうです。
まだ見ぬ入れ歯に対して描くマイナスのイメージや偏見は、自身の歯牙で噛んだときとのギャップを比較するがために期せずして増大してしまわれるのだと推察されます。

まず口腔内に矯正装置を装着して、歯に一律の圧力を連続して加えて人工的に正しい位置に動かし、トラブルのある歯並びや噛みあわせなどを修正するのが歯列矯正と呼ばれる治療方法になります。
一般的には医師が多いので、しっかりと患者さんを診察してくれそうなイメージがありますが、思いのほかそういう施設は流れ作業方式で、患者の治療を実施するところも実在するそうです。
エムドゲイン誘導剤を歯周外科で処置する時に付ければ、乳歯が初めて生えてきた時の様態と変わらない、強堅に貼り付く歯周再生を促すことが叶います。
歯科衛生士が在宅医療において要されるのは、まず先に患者さんの口内をきれいに洗浄することです。患者の口腔内が汚れている状態のままだと、雑菌が増殖した歯のカスをそのまま飲み込むかもしれません。
いまでは大勢の人に愛用されている、キシリトールの入ったガムの働きによる虫歯予防方法も、このような研究の結果から、築き上げられたものという事ができます。

虫歯が原因となっている知覚過敏は、虫歯は相当病状が深刻化していると予想され、ずきずきとした痛みも連続しますが、そうでない時は、短い機関の変調で終わるでしょう。
やっかいなプラークが溜まる前に、日々歯石予防をおこなうことが、ものすごく肝心です。歯垢の付着しやすい所は、しっかりと歯みがきする事が特に大切になります。
患者が重要視する情報の発表と、患者自身の自己選択を重く受け止めれば、それに応じた使命が医者の方へ広く求められるのです。
セラミック処置と呼ばれているものにも、いろいろな材料や種類等がありますので、かかりつけの歯医者とよく相談して、自分に適した治療術を吟味してください。
診療用の機材といったハードの側面においては、現時点の社会から切望されている、自宅訪問する歯科診療の役割を担う事ができる段階に来ていると言っても問題ないと思います。

ドライマウスの代表的な苦痛は、口内がカラカラに乾く、ノドが渇くというのが大多数です。症状が激しい事態では、痛み等の不快な症状が出現してしまうことも残念なことにあるのです。
歯の外側に歯垢が付き、その箇所に唾液の成分中に存在しているカルシウムや他の数種のミネラルと呼ばれる成分がくっついて歯石が出来上がるのですが、その責任はプラークにあるのです。
自分が気付かない内に、歯にヒビ割れが生じてしまっているという事態も予想されるので、ホワイトニングを受ける前には、じっくり診てもらうことが必要になります。
数が少ない口腔外科は、その特性として、顎口腔の処置を中心として据えているので、内科方面の治療やストレスによる精神障害にいたるほど、担当する項目は幅広く存在します。
長期間、歯を使用し続けると、歯の表面を覆うエナメル質はだんだん摩耗してしまって薄くなってしまうので、なかにある象牙質自体の色が気付かない内に透けるようになります。